appearance

2012年名古屋ビジュアルアーツ写真学科に入学し写真を始めたときから路上で気になる人に声を掛けてポートレート撮影を継続的に発表して来ました。

2019年撮影地・池袋、2020年撮影地・上野にてポートレートシリーズを発表しています。

2020年まで8年間。路上で声かけポートレートを撮影していくことで技術的に上達し自分の獲得したいイメージを撮影することが容易になってきました。

120フィルム10枚【使用カメラPENTAX67】の中で相手を笑顔に撮影すること、泣き顔を撮影すること、フィルム現像・ベタ焼き作成しその中から自分にあったイメージをセレクトすること

撮影者と被写体の、見る見られるの関係において撮影者側が持っている選択の優位性に疑問を持ち、現在のポートレートシリーズappearance作品を撮影しました。

撮影方法

完全遮光の暗室の中ペンライトで被写体をなぞるようにして5分間露光し撮影しています。

その際、被写体側からは撮影者は見えません、撮影者も、どのようなイメージが湧き上がってくるか予想することは困難です。

長時間露光でありますが、なぞった部分が多重露光的にフィルムに蓄積されていくためポートレートとして被写体からは形は離れていきますが、そのイメージにはその人らしさが蓄積しています。

現像プリント

中判フィルムカメラ・モノクロフィルムを使用し完全遮光の中、5分間露光し撮影・現像・暗室にてバライタ紙に焼き付けます。それを写真額に額装し後ろから光を透過させ、その写真をカラーフィルムを使用して再度写真を撮影します。それをカラー暗室にてカラー印画紙に焼き付けて再度、セブンイレブンのスキャナーを使いスキャンし写真にします。

撮影ルール

被写体は、作者携帯の連絡先に入っている人のみとする・服は脱いでもらう

展示風景